ここから本文です

白干梅の塩抜き(減塩)の方法、甘い梅干し・しそ漬け梅干しの作り方

減塩梅干しの作り方(塩抜きの方法)

①白干梅200g(3Lサイズ8~10個、4Lサイズ6~8個程度)を水1リットルの中に入れ、塩1g(小さじ1/5・ひとつまみ)を加え、よくかき混ぜます。塩が沈殿しやすいので、時々かき混ぜてください。また、お湯(30~40℃程度)を使うと早く塩抜きできます。

容器は、梅と梅が接触しないような広くて浅い容器がいいです。

②お好みに応じて、30分~数時間程度で取り出します。

③ザルで1~2時間水切りします。

④冷蔵庫で保存し、1週間を目途にお早めにお召し上がりください。(塩抜きしたら、保管は必ず冷蔵庫で!)

■塩抜き時間の目安(水を使った場合 ※ぬるま湯を使うと早く塩抜きできます)

 A.約3時間水に浸けておくと、塩分は約15.5%になります。
 B.一晩(約8時間)水に浸けておくと、塩分は約14%になります。
 C.約12時間浸けた後、塩水を捨て再度①の作業を行い12時間置くと塩分は約5~10%。 

甘い梅干しの作り方

【材料】

 白干梅・・・・・・・・・・・・・・・・・200g

 保存容器・・・・・・・・・・・・・・・1個

調味液材料

 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g

 しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1強

 みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2

 粉末だし・・・少々、水・・・・約140cc

 (又は鰹節等の煮出し汁・・・約140cc)

 酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40cc(大さじ2+小さじ2)

【作り方】

①砂糖、粉末だし、しょうゆ、みりんを水に溶かし調味液を作ります。

※粉末だしと水の代わりに、煮出し汁を使えば更に良いでしょう。

②調味液をひと煮立ちさせ、冷まして酢を加えます。

③白干梅を調味液に漬け込み、冷暗所で7~10日保存します。砂糖が沈殿するので、1日に1回容器を動かし、調味液が均一になるようにします。

※塩分約10%になります。

④できあがったら冷蔵庫で保存し、1週間を目途にお早めにお召し上がりください。

簡単はちみつ梅干しの作り方

【材料】

 白干梅・・・・・・・・・・・・・・・・200g

 保存容器・・・・・・・・・・・・・・1個

 調味液材料

 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g

 みりん・・・・・・・・・・・・・・・・40cc(大さじ2+小さじ2)

 はちみつ・・・・・・・・・・・・・・40cc(大さじ2+小さじ2)

 酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40cc(大さじ2+小さじ2)

 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・70cc

【作り方】

①砂糖、みりん、はちみつ、酢、水をよく混ぜ合わせ調味液を作ります。

※煮立たせる必要はありません。

②白干し梅を調味液に漬け込み、冷暗所で約1週間保存します。砂糖が沈殿するので、1日に1回容器を動かし、調味液が均一になるようにします。

※塩分約10%になります。

③できあがったら冷蔵庫で保存し、1週間を目途にお早めにお召し上がりください。

白干梅(梅干し・小梅干し)で作る 基本的な「しそ漬け梅干し」

【材料】

 白干梅又は小梅干し・・・・・1kg

 もみじそ・・・・・・・・・・・・・・・・・500g

 梅酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

 3㍑容器・・・・・・・・・・・・・・・・・1個

①容器に白干梅(梅干し又は小梅干し)と、もみじそを交互に入れます。

②全体が十分浸かるまで梅酢を入れて冷暗所で保存し、約1か月漬け込みます。
※梅酢がなくてもできます。

③干したものがお好みの場合は、1日、天日干しをします。