ここから本文です

梅の歴史(日本の梅)

日本人に愛される梅

わが国において梅は、寒さに耐え、桃や桜に先駆けて美しい花を開き、馥郁たる香りを漂わせることから、万葉集では桜の四十二首に対し、百十八首も詠まれています。このように梅は、「観梅」「松竹梅」といった言葉からもわかるように古くから日本人の心に深く関り愛され親しまれてきました。

梅の起源

わが国の梅は、中国からの移植説と日本古来の原産地説とがあり、定かではありませんが、文献・学者の多くは中国原産地説をとっている日本では、花がまず人々の関心をひき果実の利用はその後になったのに対し、中国では果実の利用が先であったようで、古事記が成立(712年)する二百年余り前の「斉民要術」に梅の塩漬けが記録されています。

日本で梅干しが初めて書物に登場したのは、平安時代の中頃であり、中世以降において果実の利用が盛んになってきました。

鎌倉時代以降、実の多くは梅干しとして食用に供され、薬用としても重宝がられ、花は鑑賞用として人々に愛されてきました。また、木は硬質のため、器物に使用されていたようです。

以来、梅干しの需要が大きくなるとともに、現在では梅酒や梅ジャム・梅エキスなど、梅製品が数々生まれてきました。

梅の品種

梅の品種は、よく花梅(はなうめ)と実梅(みうめ)に区別されて呼ばれていますが、これはあくまで利用上の分け方であり、厳密に区別されるものではありません。花梅と呼ばれているものは、花の鑑賞が主で結実がよくないか、又は、果肉が薄く種が大きいなど果実としての品質がよくないものが多いと言われています。一方、実梅は、結実がよく品質のよいものが多く、花の色も白か淡紅であって紅色の濃いものはありません。また、開花は一般的に遅いものが多く、花弁もほとんどが一重です。梅の結実性は、ほとんどの品種が自家不結実性です。

実梅の品種は、全国で約百種あるといわれています。しかし、全国的に栽培されている品種はわずかで、ほとんどが地方品種であり、関東地方の「玉英」「白加賀」「養老」、北陸地方の「藤五郎」「藤之梅」「紅映」「剣先」、東北地方の「豊後」「高田梅」などがあります。田辺市においては、「古城」「南高」が有名です。

nanko_hana.gif
南高

gojiro_hana.gif
古城

purple.jpg
パープルクィーン

oosakaduki.gif
大盃

kotoji.gif
紅冬至

kinjishi.gif
金獅子

yaekanko.gif
八重寒紅

dairinryokugaku.gif
大輪縁額萼

tukikage.gif
月影

 
梅(プルナス・ムメ)

梅は、バラ科、サクラ属の落葉樹で正式な学名は「プルナス・ムメ・シーボルト・ツッカリーニ」(Prunus Mume Siebet Tucc)。 江戸時代末期、オランダの医者としてシーボルトが来日した際、日本国内の多くの植物を採取し、帰国後、植物学者ツッカリーニのとともに「フロラ ヤポニカ」(Flora Japonica)という本を出版。その中で梅(プルナス・ムメ)についての記述がなされています。

中田食品株式会社「紀州梅の本」より抜粋