ここから本文です

紀州梅の会

目的

紀州梅の消費拡大及び産地維持・発展のため紀州梅を広く消費者に認識させるため、関係機関が緊密な連絡を保ちながら、宣伝、消費助長の対策を講じるものとする。

組織

田辺市、みなべ町、上富田町、印南町、白浜町、すさみ町、紀州農協、紀南農協、和歌山県農協連、紀州みなべ梅干協同組合、紀州田辺梅干協同組合、紀州農協梅部会、紀州みなべ梅干生産者協議会、紀南農協生産販売委員会梅部会、紀南農協生産販売委員会梅部会梅干分科会

活動内容

青梅の消費宣伝を図る

1)青梅のポスターを製作し、出荷時期に荷受市場を通して、小売店舗への掲示を依頼し、広い消費宣伝を図る。

2)梅の利用方法等について明記したパンフレット等を製作し、広く消費宣伝を図る。

3)青梅の加工方法普及のため、実演販売員及び梅料理普及員の人材育成を図る。

梅干しの消費宣伝を図る

梅干しの効能等について、専門機関に委託し、調査・研究を行い、消費拡大の助長を図る。

梅干しの看板を設置し、消費宣伝を図る。

マスコミ等を通じ、梅干しの消費宣伝を図る。

梅干し生産者責任票を製作するとともに生産者に配布し、梅干しの選別基準の徹底を図る。 

その他

事務局

田辺市 産業部 梅振興室内