本文にスキップ

お知らせ

2016年度 梅干を食べようプロジェクト モニター募集します!

毎日梅干を食べる方は、食べない方と比較してBMI(肥満指数)が低いことが疫学調査で判明しています。また、梅干は、夏バテ、熱中症予防にも効果があると言われています。更に最近の研究では、梅に含まれる成分で、インフルエンザ以外のウイルスへの抗ウイルス効果の研究も進んでいます。こうしたことから、紀州田辺うめ振興協議会では、梅干を食べることで健康維持に取り組もうと考え、以下のとおりにモニター募集を行います。

【取組方法】

①提供された梅干(塩分4%のはちみつ梅)3個を毎日食べる。

②食事、運動などは、特に変更する必要はありません。

③自己管理用の記録メモに毎日記入してください。(提出していただく必要はありません)

終了後、別紙アンケートをご提出いただきます。アンケート結果については、ホームページ等で公表し、健康食品としての梅干の良さをPRしたいと考えています。

④可能な限り、「梅干10個を耐熱タッパーで500Wの電子レンジで1分加熱」してください。加熱することで、脂肪燃焼作用がアップ すると言われています。たくさん作って、冷蔵庫で保存していただいても結構です。時間等の関係より、加熱がモニタリングの障害となる場合は、レンジでの加熱を省略いただいても結構です。

【モニター募集(参加条件)】(次の①~⑤すべての条件に当てはまる方)

①普段あまり梅干を食べていない方

②腎臓疾患、高血圧、心疾患その他医師より塩分摂取制限を勧められている方、その他疾患や疾患予防で塩分制限を行っている方の参加はご遠慮下さい。どうしても希望される場合は、医師、薬剤師、栄養士など専門の方に相談の上、今回のモニタリングで摂取する塩分量をその他の食事から減らすなど塩分の過剰摂取とならない様に指導を受けて下さい。

③原材料で、アレルギーその他の条件で摂取に問題がない方。

④18歳以上65歳未満で、自己の責任において実施出来る方。(毎日1回、体重を測ること)

⑤期間内、積極的に継続実施出来る方。

□募集定員      50名を募集(応募多数の場合は先着順)

□申込期日      平成28年7月22日(金)まで受付します。

□申込み方法     お電話にてお申込みください。

  田辺市梅振興室(紀州田辺うめ振興協議会事務局)  ℡:0739―26―9959(担当:永井・小川)                  

□モニター用の梅干  A級品、3Lサイズパック入り  塩分4%はちみつ梅

□取組期間等     7月下旬~9月上旬のうち連続する14日間。報酬等はありません。

□食べ方  1日に梅干を3粒食べてください。(できるだけ、朝、昼、夜の食事に合わせて食べてください)

【注意事項】

食塩摂取量、使用原材料は以下の通りです。ご不明な点は、JA紀南加工部0739-25-4611までお問い合わせ下さい。モニタリング期間中に異常の発生を感じた場合は、モニタリングを中止し、医師又は、薬剤師などにご相談下さい。提供品の品質異常以外での責任は負えません。

【原材料情報】

梅、漬け原材料〔果糖ぶどう糖液糖、還元水飴、醸造酢、食塩、はちみつ、黒酢、こんぶエキス、魚醤、酵母エキス〕、酸味料、酒精、V.B1、ユッカ抽出物

【食塩含有量の目安】

今回の提供商品4%はちみつ0.56g
参考白干梅2.8g

※参考梅干20g1個での食塩量可食部(種を除いた部分)14gと想定

【体重・体脂肪率測定に関する注意事項】

1.食後2時間を経過していること

2.測定前に排尿、排便を済ませる

3.運動直後の測定は避ける

4.原則として入浴直後の測定は避ける

※体重・体脂肪率の測定は、自分の生活にあったタイミングで、なるべく同じ条件で測定することが重要です。

概要はこちら

個人記録メモこちら

アンケートはこちら